延長された休業要請の感染拡大防止協力金について・東京都 (2020.05)

東京都の緊急事態宣言期間が延長され、5月31日までとなりました。

期間中、要請のあった施設が休業すると給付される感染拡大防止協力金ですが、再び給付されるとの報道があったのでお伝えします。

”「休業要請応じた事業者に協力金を追加支給へ 東京都」”
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000183342.html
出典:テレ朝news (2020/05/06)

なお、休業要請があった施設の中には、「個室付浴場業に係る公衆浴場」、つまりソープランドが含まれます。

”「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都における緊急事態措置等」(令和2年4月10日)”
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/661/2020041000.pdf
出典:東京都HP

また、その後、発表された対象施設一覧には「デリヘル」も記載されています。

”基本的に休止を要請する施設(令和2年4月22日)”
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1007679.html
出典:東京都HP

しかし、さらにその後、「デリヘル」については、この感染拡大防止協力金の給付対象とならないという説明がありました。

”よくある質問(令和2年4月23日時点)”
https://www.tokyo-kyugyo.com/
出典:東京都HP

したがって、感染拡大防止協力金追加給付の詳細はまだ発表されていないので、確定していませんが、「個室付浴場業に係る公衆浴場」が再度対象になったとしても、「デリヘル」は支給の対象にならないのではと推測されます(※あくまで予測です)。